About ROKKO

Business Highlights 事業概要

常に自らを変えることを忘れない

当社の強みは、米軍工事と大型マンション工事における圧倒的な実力と知名度、そして強固な財務基盤。
創業以来培った施工管理能力と新しいニーズに果敢に挑戦する企業風土が進化の原動力です。

米軍関連工事などユニークな事業フィールド

当社は「集合住宅工事」を核とし、「米軍関連工事」を第二の柱としています。米軍施設工事は2003年に本格参入し、社長直轄のプロジェクトチームを中心に事業を拡大、2011年には米軍工事支援センター(現:米軍工事サポート部)を立ち上げ、営業面と技術面の全社的なレベルアップを図っています。米軍関連工事は、図面および仕様書等、提出書類もすべて英語である上、安全管理資格など米軍が管轄する各種資格の取得や米国製資材の調達やそれに伴う為替ヘッジも必要とされます。当社はこうした難題に全社をあげて取り組み、現在では高いシェアと他社の追従を許さない圧倒的な競争優位性を得るに至っています。これ以外に「エネルギー関連工事」として各種発電所の電気計装工事や保守点検、大型客船の電気工事を請け負うなど、それぞれ着実に成果を発揮しています。

「変わり続けるDNA」

六興電気の創業は1949年。昭和24年と言えばまだ戦後復興の真っ只中でした。理想に燃える6人の若者が興した会社は、高度経済成長や二度のオイルショック、バブル崩壊など幾多の環境変化を乗り越え、第74期となる2015年には社員数は700名を数えるに至りました。こうした発展を可能にしたのは、常に変わり続けることを目指す六興電気の哲学にあります。「変わり続けるDNA」とは、お客様のニーズや環境の変化に適応する当社の姿勢を表す象徴的な言葉。実際、当社はかつて「官庁に強い六興電気」と言われていましたが、今や集合住宅工事だけでも完成工事利益高は全体の4割を占め、「住宅・民間に強い六興電気」へと変容しています。
未来を先取りすることは至難のわざですが、高い柔軟性と適応性を培い、変化に迅速に対応することは可能です。こうした適応能力こそ当社の経営の基本なのです。

多種多様な人財が各々、光り輝くステージを

六興電気では、様々な人材がいてこそ環境変化に柔軟に適応できる組織体になると考え、新卒・中途ともに積極的な採用活動を持続しています。
まず女性社員については補助的業務のみならず、営業や工事といった主要な業務でも活躍しており、一般職・総合職の区別なく昇進試験も性別に関係なく実施しています。また産休や復帰後の勤務形態についても、実効性のある形で運用しております。2015年には厚生労働大臣により「次世代育成支援対策のための行動計画を策定・実施している子育てサポート企業」として認定されました。子育てサポートしています。2015年認定事業主

現場代理人の実務では、主に予算関係や安全管理といったマネジメント業務から成り立っていることから、文系出身者でも現場代理人業務が可能と考え、技術職としての採用を行っています。また、外国人の方にも門戸を開けています。雇用形態は正社員であり、日本人同様に現場代理人として育成すべく、日本語教育や技術研修を制度化しました。すでにフィリピンから採用した2名が沖縄営業所で活躍しています。さらには技術と経験を有する高齢者にも活躍の場を用意しています。当社では60歳が定年ですが、再雇用制度によって65歳まで延長雇用が可能です。実際には65歳を過ぎても勤務している社員も在籍しています。

Column

社員が気持ちよく働けるよう、仕事環境の改善にも取り組んでいます。2014年には、夏の現場作業服としてユニクロのジーンズとポロシャツを取り入れ、秋にはオリジナルデザインのワイシャツを導入しました。(写真下左)2015年には本社の受付をリビングダイニングようなアットホームな佇まいにリフォームし、誰もが気軽に立ち寄れる「家」のような空間に仕立てました。(写真下右)多様な能力を活かす仕組みが息づく六興電気には、外部から多彩な人材を受け入れる、懐の深さがあります。

(写真下左)夏の現場作業服
(写真下右)本社の受付

ページTOPへ